真性包茎では女性を相手に恥ずかしくてセックスできなかったり温泉に入れないという悩み

セックスがしにくいことが大きな問題

真性包茎の悩みとしてよくあるのは、女性ときちんとセックスができない点です。
セックスは亀頭を剥き出しにした男性器で行うのが基本です。
そして女性器に挿入させるためには勃起する必要がありますが、真性包茎だとその勃起がまず難しい場合があります。
勃起をすると男性器のサイズが大きくなりますが、口が窄まった包皮が引っ張ることで最大サイズになることができないことが多いからです。
それでも無理に大きくしようとすると、痛みや出血を伴いかねません。

またセックスでは亀頭が刺激を受けることで射精を促しますが、真性包茎だと包皮に邪魔されて刺激を受けられません。
したがって最後までセックスできず、中途半端なまま終わってしまう恐れがあります。
さらに真性包茎を悩みとしている人だと、女性に真性包茎だと知られること自体がプレッシャーになりかねません。
そうして勃起不全を発症して、セックスを始めることさえできない場合もあります。

同性相手に見た目を気にすることも多い

男性器というものは、成長に合わせて包皮が自然と剥けていき、亀頭を出した状態にできるものです。
しかし真性包茎では物理的にそれができず、いわゆる子供のままの状態になってしまうわけです。
そのため他人から、子供っぽいという風に見られるのを気にする悩みの要因になりかねません。

そして公衆浴場やトレーニングジムのシャワールームなど、同性から性器を見られるかもしれない場面は数多くあります。
そんな場面で同性が見てくることを気にして、隠してしまうという人もいるでしょう。
男性の中には性器で相手を判断する場合も珍しくはなく、真性包茎が相手だと勝ったような雰囲気になるような人もいます。
そういった人に遭遇すると、精神的にもあまり良くはないでしょう。
仮性包茎の人だとそれに対抗するために敢えて包皮を剥くような場合もありますが、真性包茎だとそもそも不可能です。
そのような同性に比較されるという点でも、真性包茎の悩みは問題と言えます。

まとめ

真性包茎に関する悩みは人それぞれですが、場合によっては生活に支障を来す恐れがあります。
そのため真性包茎であることを重大に考えているのであれば、早い段階で治療をしておいた方が良いです。
治療自体はそこまで期間はかかりません。
そして治療がきちんと完了すると、そこから先は特に悩む必要はありません。
もし重く受け止めていた人であれば、メンタルが改善される可能性もあります。
また真性包茎を隠し続けるより、医師にだけ見せる方が負担も少ないはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。