真性包茎の悩みで一番多いのは子供の様で恥ずかしいというコンプレックス

中学生くらいから自分の形に不安を抱える事が多い

男性にとって包茎の症状は1人1人症状が異なり、症状によっては自分は包茎だという事に気が付きにくい場合も多くあります。
ただし包茎の種類のなかでも真性包茎の場合は、その形状自体が小さい子供のように亀頭が全く露出しないというのが特徴の1つです。
小学生くらいまでであればさほど気にしなくても問題はありませんが、思春期となる中学生のころから見た目をどうしても気にするようになります。
特に子供のような形をしていることで、周りの友人などにからかわれるのが嫌だという気持ちが強いです。
修学旅行や友達同士でプールなどに行く時など、下半身を見せてしまう可能性がある際には大きなプレッシャーになる事もありコンプレックスとして悩みとして苦しんでしまう傾向もあります。
真性包茎自体は手術をする事で治療は可能ですが、中学生くらいでは自ら手術を受ける事は出来ず強いコンプレックスを抱いたまま大きな悩みになってしまう場合が多いです。

家族であってもなかなか相談できず1人で抱えてしまう

真性包茎を悩みとして抱えている場合、成人男性であればある程度行動することで解決する事は可能です。
手術なども自ら病院を探すなどして、解決することで悩み自体を解消する事も出来ます。
ただし中学生や高校生といったまだ未成年の場合、なかなか真性包茎自体を1人で抱えてしまう傾向があります。
特にデリケートな悩みだからこそ、同性であっても真性包茎という事を打ち明ける事は出来ない場合も多いです。
手術をするにもお金のない未成年では難しいので、結果的にコンプレックスとして抱えながら自信が持てずに過ごす事になります。
同性の親であっても相談しにくい内容でもあり、特に親の場合はそれくらいと軽くとらえてしまう事もあります。
当事者にとってはとても大きな問題であり、真性包茎について真剣に悩んでいるのに対して軽くあしらわれてしまった精神的な負担がとても大きいです。
親身に対応してくれる親であればよいですが、真性包茎というデリケートな問題だからこそ難しい事も多いです。

まとめ

真性包茎は他の包茎に比べると見た目に特徴があるからこそ、コンプレックスになりやすい症状の1つです。
特に通常時だけでなく勃起した際にも亀頭が露出しないタイプであれば、より自分自身に不安を抱く原因にもなります。
ただしそのまま治療をせずに放置することで成長せずに亀頭が皮で抑えられて小さいままだったり、実際の大きさより小さく見えるという場合も多いです。
早めに処置をすることで見た目の改善だかえでなく、病気の面でのリスクも軽減する事に繋がります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。