真性包茎の不衛生な悩みで包皮亀頭炎の病気の可能性もあり手術で治療しよう

真性包茎の悩みで代表的な包皮亀頭炎

真性包茎の悩みとしてあり得るのは、包皮亀頭炎というものです。
真性包茎は亀頭を覆っている包皮が窄まってしまって、本来は露わになるはずの亀頭が出せない状態です。
そして内部は完全にひとつの組織になっているわけではなく、亀頭と包皮は分かれています。
その上亀頭と包皮がそれぞれの表皮から出た垢が、隙間に溜まってしまいます。
その垢の塊は菌にとって過ごしやすい環境で、強い臭いを放つことは珍しくありません。
さらに菌は臭いを放つだけでなく、炎症を起こすことがあります。
包皮亀頭炎で、腫れや痛みを伴います。

その包皮亀頭炎は症状が酷いと性器のシルエットが変わるほどまで腫れ上がり、痛みも耐えられないほどになります。
そのような状態になると、病院で治療してもらわなければなりません。
基本的には保険が適用可能で、費用はそこまで高くはないです。
けれど真性包茎である限り包皮亀頭炎になるリスクは減らず、慢性的な悩みになりかねません。

真性包茎でなくなった方が良い

包皮亀頭炎は亀頭と包皮の間に菌が生息し続ける限り、いつ発症してもおかしくはありません。
それを予防するためには亀頭と包皮の間を清潔にする必要がありますが、こまめに掃除をするのは非常に大変です。
また隅々まできれいにするというのは難しいでしょう。
そのような大変な思いをするくらいであれば、いっそのこと真性包茎でなくなった方が良いです。
真性包茎は治療によって改善することが可能で、麻酔を使った手術を行えば亀頭を剥き出しにできます。

真性包茎の治療は包皮亀頭炎などのリスクもあるため、基本的に保険適用が可能です。
したがってそこまで費用も高くはなりません。
頻繁に包皮亀頭炎になったら、その都度薬を処方してもらう必要があります。
その費用が積み重なるよりも、最終的には安く済むかもしれません。
その上包皮亀頭炎以外の、真性包茎に関する悩みも解消できます。
そのためよほど大きな問題がなければ、真性包茎そのものを改善しておいた方が良いです。

まとめ

真性包茎の悩みは数多くあり、包皮亀頭炎で困っている人は少なくありません。
そして今はまだ発症していなくても、真性包茎で不衛生な状態が続けば、誰にでも包皮亀頭炎になる恐れがあります。
そうなると薬が効くまで、数日は痛みと腫れに悩まされます。
そのため真性包茎の人は、早い段階で治療を済ませておいて、亀頭を出せるようにした方が良いでしょう。
また毎日亀頭を直接洗って、性器を衛生的に保てていた方が気持ちも軽いはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。