真性包茎では包皮の内側に恥垢がたまって悪臭を放ち不衛生であるという悩み

真性包茎の悩みは悪臭や衛生などもポイントです

外見的なコンプレックスの代表は、肥満や薄毛や体毛の濃さなどになります。
他にも一重に悩んでいたり、歯並びがコンプレックスなど悩みは人の数だけあるのです。
視覚的だけではなく体臭や腋臭などの悪臭の嗅覚的な悩みや、学歴コンプレックスなどの経歴の悩みなどもあります。

男性の悩みの上位と言えば男性器に関することであり、男性器の大きさや形などをコンプレックスに感じる人も少なくありません。
そして包茎を悩んでいて、恋愛から遠ざかってしまったり、結婚生活に悩む人も多くおります。
それだけ男性器というのは男性にとっては、大きな悩みの種になります。

包茎の中でも真性包茎は亀頭を覆う包皮が長い状態であり、指で剥くことが難しかったり、剥いても元に戻ってしまうなどが特徴です。
そのために包皮と亀頭部に尿や汗などが溜まりやすく、悪臭の原因になってしまうことが少なくありません。
真性包茎は入浴時にしっかり洗い、可能ならば外科手術を受けることで悪臭の原因を取り除くことが出来ます。

真性包茎の状態は個人差があります

真性包茎は亀頭部が皮で覆われており、指で剥いても元に戻ってしまったり、包皮が長過ぎて亀頭を露出させるのが難しい状態です。
常に亀頭部と皮が密着している状態であり、細菌が発生することにより悪臭の原因になるだけではなく、衛生的ではありません。
真性包茎の怖い所は、包皮と亀頭部が癒着することもあります。

男性は成熟すると亀頭部が露出するようになったり、海綿体が血流によって膨張して陰茎が増大して、その動きに伴って皮が外側に押し出されて亀頭部が露出する仮性包茎の男性が多いと言われております。
包茎の大半は仮性状態の場合であり、皮が余っている真性包茎や皮が不足して鬱血や痛みを伴うカントン包茎など、人によって状態はさまざまです。

真性包茎でも勃起すれば尿道部分が露出する軽度な状態から、自分で剥くことが難しい状態まで個人差があります。
性交痛や射精障害や癒着などがある場合には、泌尿器科の受診と外科手術が必要になる場合があるのです。

まとめ

真性包茎は亀頭部と包皮が常に接しているので、その隙間に排尿の残滓が溜まったり、汗をかいてジメジメしてしまい細菌が発生して悪臭の原因になってしまいます。
仮性包茎の場合には自分で指などを使い、亀頭部を露出させて空気の換気が出来るので真性包茎よりも清潔になるのです。

真性包茎は皮を外科手術で取り除き亀頭部が露出されることにより、症状が改善されます。
皮部分を切除するので痛みがありますが、麻酔技術の進歩と臨床によってなるべく体に負担がかからない手術になっているのです。
日帰りで通常済みます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。